キャッシング口コミ情報

キャッシングの審査について

 

キャッシングの申込が終わるとキャッシング会社による審査が始まります。審査とありますが、申込の内容確認という名目で多くの場合は電話であります。(STEP2)そこで、記入内容についての確認と信用調査会社から取り寄せた内容でキャッシング会社で気になる点があるとヒアリングされることがあります。

 

はじめてキャッシングをする人であれば結構突っ込んで聞かれるなと思われるかもしれませんが、全て素直に自然体で答えれば問題はありませんので、緊張せずにありのままを説明することにしましょう。相手はプロなので変な嘘などをいうと後々話しがややこしくなり、心象が悪くなってしまいますので、出来る限り即答できるようにしましょう。

 

この電話が終わると本人確認書類を提出して、後は審査内容を確認するだけです。通知はメールで行われると思いますので、迷惑メールに入らないように注意してチェックしておきましょう。

 

 

キャッシング審査のポイント

審査ではありのままを答えることが一番リスクが低いということはありますが、それでもあえて審査時にポイントとされるものを上げてみたいと思います。

 

  • 年齢
  • 職業
  • 住居
  • 他社借り入れ状況

 

年齢は低すぎても高すぎても敬遠されるものであり、やはり40〜50歳くらいが良いとされています。これはその年齢帯が通常の仕事をしていれば収入もあるからです。職業についても大手で安定しているサラリーマンや公務員がポイントが高いです。どちらも安定的に収入が見込めるからであり、自営業など不安定なものは一時期の収入が高くても敬遠される傾向にあります。住居も持ち家のほうが心象は高いです。住宅ローンが組めるほど社会的信用があるという事実があるからです。

 

また、ここが重要になりますが他社借り入れ状況については、借入があってもきちんと返済し続けているなら心象は上がります。逆に、不払いや遅延などがあると心象が下がり大きくポイントを下げてしまうことになります。これはいくら口頭で言い繕っても信用調査会社のデータがあるので、それで判断されます。

 

 

少しでも審査に受かりやすくするには

審査ポイントは機械的に確認されることになります。いろいろとチェックポイントがありますので最終的に灰色部分が出てきます。そういう場合は担当者の心象になりますので、誠意ある対応ができているかどうかがポイントとなる場合もあります。きちんとした対応、嘘をついていない、客だからと言って横柄な態度ではない、などで変わってくる場合もあります。