キャッシング口コミ情報

キャッシングには総量規制というものが定められてます

キャッシングを利用する時には、総量規制という規制が存在します。これは、年収の三分の一を超えるお金を貸金業者から借りることは出来ないという規制です。キャッシングは、保証人などを必要とはせずに気軽に借りることが出来るのがメリットですが、借りることばかりを考えて返済のことをきちんと考えていない人も中にはおります。そうした人は、自己管理ができていないだらしのない人であると一言で片付ける事も出来ますが、だからといってそうした問題を放っておくのは社会的にも問題となります。そうした人たちを生み出さないように総量規制が設けられました。

 

この総量規制は、一社での借りた金額ではなく総額で三分の一を超えるお金を借りることが出来ないように定められております。ですから、一社で融資限度額まで借りてしまった場合に、他社に申し込みをする人もおりますが、総量規制を超えてしまう場合は他社に申し込みをしてもその情報が分かってしまうために、借りることは出来ないです。銀行は総量規制の対象とはならないために、借りることが出来る可能性はありますが、元々審査基準が消費者金融よりも厳しいところが多く、現実的には消費者金融で借りられないからといって銀行で借りるのは難しいです。総量規制は住宅ローンや自動車ローンなど一部の場合は、例外や除外項目もあります。そうした目的であれば、総量規制の限度額以上にお金を借りることが出来る可能性はあります。